2014年03月30日

非輸入型産業の規制について

 国内産業を保護するための規制等については大きく2つのパターンがある。1つは海外からより安い商品・サービスが入ってきて国内産業に打撃を与えるケースである。それを回避するため関税等によって国内産業を保護するパターンである。農業などはその典型例であろう。
 もう1つはその性質から考えて海外との競争は生じにくい産業である。例えばタクシー業界である。こちらは国内のタクシー会社同士の過当競争が問題となる。そこで既存のタクシー会社を保護するために新規参入を規制するパターンである。
 一般に需要があれば生産を増やすのが企業活動である。タクシーの需要が増えれば、既存のタクシー会社は保有台数を増やし、また新たなタクシー会社が参入してくる。しかし台数制限等の規制が加えられると、自由な企業活動が阻害され、ひいては消費者の便益も損なう恐れがある。この問題をどう考えるかである。
 不謹慎な比較と言われるかもしれないが、タクシー台数制限は漁業における漁獲割り当てと同じ論理なのかなと思う。魚を取り過ぎないために漁獲量に制限を加える漁獲割り当てだが、漁業資源が枯渇してしまっては元も子もないからである。国内の過当競争を回避するための規制の論理は、この漁獲割り当てと同じ論理なのかもしれない。
 ただ漁業資源と違ってタクシー自体は枯渇することはない。需要さえ増えれば何台でも生産できる。要はタクシー需要が増えないことが問題なのである。需要が増えない分野において、供給側に制限を加えるやり方が妥当なのかどうか。これはタクシー以外の他の国内競争型分野においても同じことが言え、考えなければならない問題ではないだろうか。

日本シンクタンクアカデミー
http://www.npo-jtta.jp/



posted by 岡本憲之 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。