2013年03月04日

黒田氏の所信に期待

 今日の国会で、黒田東彦アジア開発銀行総裁の所信聴取が行われた。所信の全文はまだ入手できていないが、全般的には大胆な金融緩和を約束する力強いものであったようだ。
 ポイントの1つは、2%の物価安定目標の達成時期である。明確に断言したかどうかはわからないが、概ね2年をめどに達成する意欲を示したようである。
 また物価目標を達成する手段であるが、今の日銀がやっていない方法はまだ色々ある。例えば、より期間の長い国債の購入などである。
 その他にも市場の期待に働きかけることの重要性などを述べたようで、本ブログとしては黒田氏の所信を歓迎したい。ドイツなど一部タカ派を除けば、今や世界の先進国における中央銀行の潮流は金融緩和である。そんな中、デフレであるにもかかわらず実質的にタカ派のスタンスをとり続けてきた日銀、ようやくその姿勢を転換する時期がやってきたと考えたいものである。

日本シンクタンク・アカデミー
http://www.npo-jtta.jp/


posted by 岡本憲之 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

日本って実は先進国じゃないんじゃないか
Excerpt: 1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/03/03(日) 18:02:50.12 ID:hIiJleZc0 ?2BP(1000)政府債務残高(対GDP比)2012年の見通し:日..
Weblog: 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版
Tracked: 2013-03-04 15:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。