2009年03月12日

空売り規制や時価会計を巡る思惑

 米証券取引委員会(SEC)が空売り規制を検討しているとのニュースが流れている。アップティックルールと呼ばれる規制の導入で、直近の約定価格より安い価格での空売りを禁止する条項だ。
 このアップティックルール、もともと1929年の株価暴落後に導入されたもので、2007年にその役割を終えたとの理由で廃止されている。その効果を疑問視する向きもある。もっとも2008年の市場混乱時には、一時的に空売り規制が導入されてはいたが、本格的にアップティックルールを復活させようとする動きになるのだろうか。
 もう1つ、時価会計ルールの修正に関する議論も行われているようだ。流動性が非常に低く、極めて低価格の取引が行われている証券化商品市場などの混乱が、金融システムや景気の変動を増幅させるとの考えにもとづく議論だ。
 自由市場を標榜する共和党などの反対で、空売り規制や時価会計修正の行方が今後どうなるかはまだわからない。ただ、米国においていよいよ金融規制の本格的な見直し議論が始まったことだけは確かなようだ。

「高齢者就業のあり方を考えるシンポジウム」(お申し込みは、以下から)
http://www.npo-jtta.jp/career-juku/event.html

日本シンクタンク・アカデミー
http://www.npo-jtta.jp/
シニアのための生きがいキャリア塾
http://www.npo-jtta.jp/career-juku/index.html

 


posted by 岡本憲之 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

三田氏を斬るステージ2 8/8〜デリバティブを内包するエクイティファイナンス
Excerpt: 第6章 第三者割当ビジネスの隆盛と衰退 第1節 MSCBとはMoving Strike Convertible Bondの略で、日本では2000年頃にはすでに発行されていました。株価2桁(100円未..
Weblog: 投資一族のブログ
Tracked: 2014-08-15 21:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。